ぶんせきびより

無課金でのガルフレ(仮)分析、他雑記

02.生活リズム改善に向けた準備

前回は、生活リズムを治そうと思ったきっかけについてでした。今回からが本題ですね。
今回のテーマは「準備」です。

前回記事はこちら y-mizukawa.hatenablog.com シリーズ最新記事はこちらから確認できます。 y-mizukawa.hatenablog.com

睡眠を科学する

睡眠科学とは

睡眠科学という分野を皆さんはご存知でしょうか。あまり認知されていないような気もしますが、人間の睡眠について研究してくれている方々がいらっしゃいます。 闇雲に「早寝早起き」とか言う前に、睡眠に関する正しい知識を入れて、賢く生活を治していこうと思います。
そんなわけで、私のような夜行性奴が睡眠科学を語るのはあまりにも恐れ多いので、参考書籍を載せておきます。パラパラと飛ばし読みするだけでも、なんとなくやる気になってきますので是非どうぞ。

Amazon

朝型勤務がダメな理由 あなたの睡眠を改善する最新知識

朝型勤務がダメな理由 あなたの睡眠を改善する最新知識

楽天 ……え、本を買うお金がない? まぁまぁそうケチらずに。先の長い人生を考えればたいした出費じゃないですよ。
……それでもどうしてもお金がない? 仕方ないですね。そんなあなたは「睡眠の都市伝説を斬る」と検索してみましょう。きっと本を買いたくなります←
natgeo.nikkeibp.co.jp ……え、長くて読む気がしない? そんなあなたは「三島和夫 研究室に行ってみた」で検索です。2012年の記事ですが、古く感じないですよ(私が最新事情をしらないだけ)。 natgeo.nikkeibp.co.jp ……それでも長い?? これ以上はもうないよ。がんばって。

自分の生活を見直そう

本やサイトをパラパラするとなんとなく方向性が見えてくるかと思います。 必要な睡眠時間は人によって違うようなので一概には言えませんが、体内時計の狂いはさほど大きくないらしいです。 「睡眠時間を7時間とし、朝6時に起きたい」という場合には夜は11時に寝ればいいのです。簡単なこと……なわけないだろぉがぁ!!
まぁつまりそういうことです。

目標設定

まずは今の生活を書き出してみてください。
起床時間や就寝時間だけでなく、家を出る時間や帰宅時間、食事や入浴についても記録してみましょう。
深夜番組が見たいとか、ゲームのログインが、とかも、生活する上での重要度が高いようなら一緒に書いておくといいかと思います。
ここから、「仮の目標」をつくります。理想と現実の狭間にある、自分の限界域をとりあえず設定します。目標は高いほうがいいとも言われていますが、目標は現実的であるほうがいいです。やたら高い目標立てると一瞬で挫折しますよ。
私の場合は、上に書いてある「6時起床11時就寝」が最終目標になります。けど、ここを目標にすると挫折待ったなしなので、一旦は「9時起床1時就寝」程度を目標にしておきます。記録してある自分の生活スタイルに合わせて、無理のないようにしましょうね。

ぼんやり計画を立てる

1時就寝と決めたなら、1時までにやるべきことを片付けなくてはなりません。
1日の生活をぼんやり思い起こして逆算しましょう。
夜の時間が短くなる分、朝の時間が増えるので、最終的な活動時間は増えるくらいだと思いますが、最初のうちは安定しないので、かなり活動時間が減る可能性もあります(早めに寝たのに早く起きられないやつね)。
朝の時間をあまりあてにしないで、やるべきことはこなしたり放置したり(?)うまく調整していきましょう。

睡眠記録を取る

おすすめのアプリ載せておきます。iOSでもAndroidでもありますし、機種変更してもデータ持ち越せます。

熟睡アラーム-目覚ましと熟睡サウンドでスリープ&リラックス!
熟睡アラーム-目覚ましと熟睡サウンドでスリープ&リラックス!
開発元:株式会社C2
無料
posted with アプリーチ
使い方は簡単。枕元に置いて寝るだけ。
睡眠状態の記録が取れるだけでなく「布団に入った後にスマホを触れない」という環境作りができるのでとてもいいです(このアプリに限った話ではないけど)。
また、目覚まし音も複数入っていますし、自分の音源から設定することもできます。 音量もだんだん大きくなっていくからびっくりしないし。
ただ、大きな問題があって、目覚ましを止めると「起きた」ということになり、睡眠記録がその時間で止まります。私の場合は目覚ましを止めて二度寝することがたびたびあるので、睡眠記録が……。あとから起床時間は変えられるのでいいんですけどね。とりあえず目覚まし音は別のところから鳴らしています。
でもこの手のアプリの中では一番しっかりしてるんじゃないかなと思いますので良かったらどうぞ。

次回予告

次回は実践編。どうやって生活を治すかです。

2018年の方針など

今週のお題「2018年の抱負」

こんにちは。みずかわです。
もはやお久しぶりですね。しばらく更新できてなくてすみませんでした。今確認してみたら、約2か月も放置していました。本当に申し訳ない……。
果たしてこのブログの固定客なんているのだろうか?? と疑問に思いつつも、少しずつアクセスを増やしていかれるよう、これからまたがんばろうと思います。 そんなわけで2018年の活動方針(と2か月間放置してた言い訳)です。

2018年活動方針

正直言ってどのくらい更新できるかは分かりません。4月からは新生活になりますし、先の見通しがあまり立っていないのが現状です(実はシャカイジンになるんだ)。なので、「毎日更新!」とかは言わないでおきます。
ただ、書きたいことはたくさんあって、やりたいこともたくさんあって、どのくらいできるか分かりませんが、こういう機会ですし書き連ねておこうと思います。

ガールフレンド(仮)

今まで、イベントカード紹介をしてきました。あれは続けたいのだけど、結構手間がかかるので一旦停止とします。データはだいたい取ってあるので、一覧とかにしてそのうち載せられたらなぁと。
Ex進展やステ表示方法の変更、コストインフレなどいろんなことが起きているのでそういう話とか、結局書けていないサブアカ運用の話とか、各イベントの効率検証とか、まぁネタはたくさんある。

デレステ

実はデレステについて何も書いたことはないですね。はてなブログを始めたときの方針でもデレステの話出てるのにね。
デレステ界もいろんなことが起きていますが、私のような無課金にわかプロデューサーが何か言える世界でもなさそうなので、まだしばらく書かないでしょうね。

その他

確か前にこの手の方針書いたときも「その他」と括られた何かがたくさんあった気がします。一応は雑記ブログなので、何でも書きますよ。レビューとか。
その中でも2018年のうちに書くんじゃないかと予想されるその他記事について以下。(あくまで予想)

スタンプラリー・ウォーキング企画

首都圏内のスタンプラリーとか、その他ウォーキング企画をして、歩数とかかかった時間とか載せます。たたの記録記事です。

お金をかけずに○○するシリーズ

ネットで検索かけると案外たくさんありますね。私が普段やっていることとか、ネットで見てコスパいいなと思ったこととか、適当に載せます。(決してネット記事の転載じゃないよ!!)
たぶんこの辺の話は賛否両論あると思うし、持論は極力自重しますけど、それでも炸裂すると思いますので最初に言っておきます。「金があるかと人生楽しいかは比例しない」主義者です←
ケチってるんじゃないんですよ。「金かけなくていいところには金かけない」という話。
……今後どうなるかは未知数。

生活系全般

ゲームブログ色が強いうちは書かないと思う。混ぜていいテーマじゃないだろw
……と思ってたんですけど、そのうち書きそうなので、一応載せておきます。これは何かというと、私のような生きるのが苦手なフレンズがいろいろがんばるための記録記事的な?
特にちゃんとネタがあるわけではないですけど、「睡眠」「生活習慣」「適正体重(ダイエットではなくガリガリから太る方)」は書くんじゃないかな。

ブログ放置してた言い訳

興味ない方も多いかと思いますが、ブログ続けるのって難しいよねという話。アフィリエイトが簡単じゃないと言われている原因の1つにもなっていますよね……。

忙しかったんだ!

「The言い訳」な感じのするこれ。本当にいろんなところでよく使われる典型的なやつ。「時間がないだと? 時間は作るものだ!!」とか熱血な人に喝入れられそうですね(笑)
ただ、そうやって捻出した時間すらも別のことに使わないと回らない忙しいときもあるよね。
実は12月頭にとある資格試験を受けることになりまして、直前に追い込んでおりました。計画立ててやれよ、って感じ。
あとは、理系大学4年生の後半戦というのは、忙しいものですよ。分かります? 私の学科はそこまでではない方なんですけど、それでも今までよりは仕事増えるし忙しくなります。闇が深いです。

地味にめんどくさいんだ!!

これを言ったらすべて終わりな気がする(笑)
けど、毎週のイベントごとにスクショしたり画像集めたりして、結構手間がかかるんですよね。あんな記事でも。アクセスは多少あったし、続けたい思いはあるんですけど、それに時間取られてイベント走れないのもなんか違うかなとか。
こうやってアフィリエイトブログから脱落していくんだなと思いました。

最後に

広告掲載をするかもという話

こんな放置ブログですが、掲載できる広告なども実は少しだけお話をいただいていたりします。ある程度余裕ができてからになるとは思いますが、広告を掲載する日も来るかもしれません。

まとめ

あけましておめでとうございます。(……最初に言いそびれたのでここで言っておきます笑)
いろいろ未知数ですが、楽しみながら更新していかれたらと思っています。とりあえず年間目標は15記事です(圧倒的低い目標)
それでは今年もよろしくお願いします。

聖櫻学園物語 ~君と過ごす文化祭~

f:id:y_mizukawa:20171105192908p:plain

2017年10月5週は
第39回 聖櫻学園物語
です!

ガールと出会える条件やその他分析データはこちら

y-mizukawa.hatenablog.com

開催期間

2017年10月27日(金)22:00〜10月31日(土)20:00
中間発表:10月29日(日)12:00

前半:1日と14時間
後半:2日と8時間
合計:3日と22時間(約4日間)

続きを読む

部活対抗!勧誘★グランプリ 〜昨夜の夢は頑張ったキミと♥〜

f:id:y_mizukawa:20171027193505p:plain

2017年10月4週は
第51回 部活対抗!勧誘★グランプリ
です!

開催期間

2017年10月22日(水)22:00〜10月27日(月)22:00

合計:5日間、15試合

続きを読む

おねがい★ハンターズ 〜秋のガロン捕獲大合戦

f:id:y_mizukawa:20171027192510p:plain

2017年10月3週は
第45回 おねがい★ハンターズ
です!

開催期間

2017年10月15日(日)〜10月22日(日)
各日10:00〜24:00(最終日のみ22:00まで)
班編成…10月13日12:00〜14日19:00

合計:8日間

続きを読む

01.生活リズムを治そうと思い立ったきっかけ

噂によれば、快眠法や睡眠グッズのブームがきているようですね。
忙しい毎日の疲れ、ストレスから身を守るための「睡眠」に注目が集まる世の中に、限界を感じるのは私だけ……?

と、そんなことはさておき。
私は恐ろしく昼夜逆転な生活を送る夜行性な奴です。
ブログとかやってる人って夜型が多いんじゃないんですかね?(偏見。ごめんなさい)

私の夜型な日常と、全うな生活に戻るまでの記録(これを書いている時点ではそんな未来は来ていませんが)を、シリーズでお届けしようと思います。
更新が途絶えた時には、挫折したんだなと察してください(笑)

シリーズ最新記事はこちらから確認できます。
y-mizukawa.hatenablog.com

今回は第1回ということで、私の夜型な現状と、改善を決意したきっかけについてです。
「それよりもどうやって治すのか具体的なこと早よ!」という方は第2回以降へどうぞ。

夜型のこれまで

「夜型を治したい」という声はよく聞きますし、つまりあまり良い印象ではないんだなと察しています。
私自身、極端な夜型生活には限界を感じつつあるのですよ。

そんな私の生活は、日の出とともに始まる……わけがないですよ。日の出とともに終わります(笑)
翌日に特に予定がなければ、就寝時刻は30時(翌午前6時)頃。夏は日の出が早いのでもう少し早く寝ている気がしますが、 日が昇ると、起きている罪悪感に駆られてようやく寝ます。
冷静に書き出すと、意味不明な感じですね。きっと朝型や昼型の人は、この記事を冷ややかな目で見ていることでしょう。

でも深夜への誘惑というものは、思った以上に身近にあるものです。
私の場合は、高校に入った頃からでした。
高校に入った私は、自分の部屋で一人で寝るようになりました。
そして携帯電話を買ってもらったのをいいことに、夜遅くまで遊んでいた。……勉強もしてたからな!?
そのままずるずると寝る時間は遅くなっていき、休みの日は昼まで寝ているようになりました。

大学へ入ると、そんな生活はさらに悪化しました。
冒頭に書いたような生活は、昼間寝ていていい生活の人にしかできないことです。
私は諸事情でほとんど大学に行かなくていいような期間があり、夕方からのバイトの時間に合わせて生活するようになりました。 恐ろしいことですね。
極端な夜型は、実生活に支障をきたします。その話を次でしましょう。

生活に支障をきたす症状

ネットなどで調べればたくさん出てくると思いますが、私が感じた症状について書き留めておきます。医学的な関連などは知りませんのご了承を。

眠れない・起きられない

そもそも、夜になっても眠くならない、朝起きられない、ということ自体が結構不便です。当たり前かもしれませんが重要なことです。
「もし朝早くからの大切な用事があったらどうするの?」と思うかもしれませんが、私の場合、手段は2つ。
1つは、3日前くらいから生活を少し治します。予定の時間に起きられるようにガンガン目覚ましをかけて頑張る方法。目覚まし時計はうるさい物を3台くらいスヌーズさせますが、起きられるかは状況によるのである意味で賭けですね。家族が起こしてくれるなどの場合には有用かと思います。
2つ目はそのまま起きているというもの。徹夜すれば必ず起きた状態で朝を迎えられますので、とりあえず「起きる」という難関ミッションはクリアです。ただ、必ず後で眠くなるので、午前中で用事が終わる場合や、途中で仮眠が取れる場合に有用な方法でしょう。

鬱になる

「起きたら夜だった」という現実は、何年夜型をやっていても絶望します。夜に起きて、食事をして、バイトがあればバイトに行って、帰って朝までゲームして寝る。このような生活をしているとですね、「何のために生きてるんだろう?」みたいな感じになります。病みます。
……太陽にあたらない生活が良くないらしいです。

生活時間のズレ

つまり、時差のある世界にいると思っておけば想像しやすいかと。 他の人たちは日本時間で生活しているとすると、私はきっとヨーロッパとかの時間で生活しています。日本が夕方になったとき、私は朝です。
「朝9時~夕方6時」という一般的な労働時間の間の大半の時間は寝ているので、地味に不便。

方向感覚がなくなる

夜型を極めると、いろいろな感覚を麻痺してきます。その中でも困ったのが方向感覚。初めて行く場所で迷子になったり、来た道を戻れなくなったり。その他、視力とかもなんとなく落ちてる気がする(Cの向き判定する検査はできるけど、実生活では良く見えない感じ)。

慢性的な疲れ、だるさ、常に眠い

夜に目覚めて絶望して、次に思うことは「疲れた」「眠い」だったりします。それでいて日付が変わると寝られなくなるのだから恐ろしい。今まで書いたことと重なる部分もあるかと思いますが、肉体的にも精神的にも追い詰められていきます。

次回予告

このように、いろいろなところに影響が出ていて、「もしかして、生活リズムを治せば人生もっと楽しいのでは!?」と気が付いてしまったわけです。
次回からは、私の取り組みなどを紹介していきますのでお楽しみに(?)

たすけて!マイヒーロー ―お月見編―

f:id:y_mizukawa:20171008132250p:plain

2017年10月第1週、第2週は、
第58回 たすけてマイヒーロー です!

開催期間

2017年9月30日(土)21:00〜10月14日(土)22:00
中間ランキング…10月7日(土)22:00

前半戦:7日と1時間
後半戦:7日
合計:14日と1時間

続きを読む